愛染寺

 

愛染寺

愛染寺
 

●構想計画3Dパース

 

 [石川県加賀市片山津温泉]
URL: http://w2272.nsk.ne.jp/~aizenji/

 

●高台から温泉街を見渡すことができるすばらしいロケーション

 
先日、待ちに待った愛染寺さんの地鎮祭が執り行われました。
 
参加者の方から「住職さん!」と間違えて声をかけられるくらいの坊主頭でがんばって参加しました。
 

地鎮祭は滞りなく、無事に終了いたしました。

 

さすが住職。
板についていてカッコよかったです。

   

1999年 秋。ここから・・

1999年秋、15年来の念願であった愛染寺の境内整備に、
本気で取り組もうと決心したとき、真っ先に頭に思い浮かんだのは 「辰巳康之」氏でした。
すぐにQUOへと向かい、心の内を辰巳氏にうち明けました。
なぜ辰巳氏かと言われば何ともいいようが有りませんが、夫婦とも同時に「辰巳さん のところへ行こう」と
言っていました。
プライベートなつき合いは無かったが、とても惹かれる人であったし
計画を実行するために大きなパワーが欲しかったからかも知れません。
辰巳氏は快く愛染寺境内整備のプロデュースを引き受けて下さいました。

 

グローバルな視野で・・

まず、設計士さんを探そうということになったとき、辰巳氏は私達の前ですぐ一本の 国際電話をかけました。
それはイタリア在住の知り合いの設計士さんにでした。
イタリアは夜が明けた頃で、 私達はあっけに取られていました。
もっとも、このアイデアは実現しませんでしたが、辰巳氏曰く、「世界から逆発信さ せるのもおもしろいでしょ!」
私達が設計士さんを決めるにあたって辰巳氏に話した条件は、
「若くてこれからの人、 この仕事でステップアップを考えるくらいの人」でした。

 

設計士「由田 徹」氏との出会い

「ちょっと面白い人が来ているんだけど。」という電話をもらい、すぐにQUOへ向か いました。
そこにはぼくとつとした青年がいました。 由田氏との出会いでした。
正直、最初からピンと来る物があった訳ではありませんでしたが、
何回も会って行く内に「これはいいぞ!!!」と思うようになりました。

 

すごい方々にレクチャーを受ける

辰巳氏の紹介とても刺激を受けるお話を聞くことが出来ました。
八ヶ岳のギャラリーへ視察に辰巳氏の推薦でQUOのスタッフも交えて
八ヶ岳のギャラリーへ視察にどんな箱物をつくっても結局はそこに居る「人」だ、
ということ人が放つ気、を知りました。

 

見積りを発注

由田氏の設計図には「QUO仕様」が数カ所あります。 各社の担当者は???でした。
これは現場に入ってからでないと 誰もわかりません。

 

CG

CG