金沢近江町市場 辰巳

 

金沢近江町市場 辰巳

金沢近江町市場 辰巳
 
〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-2-12 有楽町富士ビル 7-8F
TEL:03-3509-1777

営業時間
    月~土・祝前 17:00~24:00
       土 18:00~24:00
ホーム
 URL:http://www.tatsumi-kanazawa.com
ぐるなび
 URL:http://r.gnavi.co.jp/a013400/
 

7階・金沢の奥ゆかしさを100年経つ金屏風で醸し出しました。
店内は漆喰を壁に塗り、活けこみのグリーンと調和して
店内は落ち着いた暖かい感じに仕上がりました。
テーブルに使用してる素材は50年経つインドネシアの住宅を解体したチーク材を使用してるので、
天板の表情は何ともいえない風合いが心をなごませます。
テーブルはすべて空間に合わせ、バリの自社工場でサイズオーダーしました。

 

 
7階・個室は古典的なグリーンカラーで漆喰で塗り上げました。
窓には、インドネシアの住宅の門を解体したパーツをはめ込みました。
椅子はすべて日本の家具デザイン界を代表する岩倉榮利氏の作品です。
店内は心地よい明るさで時間を忘れさせてくれます。

 

 

7階・ここから見る夜景は絶景です。

汐留のビルがとてもきれいで、店内の雰囲気を高めています。
コーナーで視界から外れているのでカップルや商談席にはうってつけです。
都会の喧騒から解き放たれたい時。
ここに一歩足を踏み入れた瞬間から、遠い南国のリゾートへとあなたをいざないます。

 
8階・このフロアーのコンセプトはアジアンリゾートです。
アジアの建材、日本の骨董、家具デザイナーのソファーが融合し、不思議な空間になっています。
15mの無垢の天板が重厚感を醸し出しています。
ハイカウンターはバリの自社工場で製作したオリジナルチェアー、
バックカウンターには50種類の焼酎が並べられ、テラスのグリーンと絡み合って
エキゾチックな雰囲気になっています。
 
8階・奥には石をくり貫いて削り出した間接照明を通路の両サイドに設置しました。
バリの石職人が2週間かけて製作した傑作です。
ここを通ると正面の天井から直径1.2mの巨大なオレンジの照明が現れます。
この照明もバリで製作した物です。
 
8階・このコーナーはフロアーが2段高くなっており、夜景を見おろせる感覚が楽しめます。
バリから輸入した石材を床、腰壁に使用し、
壁はオレンジの漆喰に日本骨董の絵が飾られています。
デザイナー岩倉榮利氏の代表作[ROCKSTONE」KIMIKO・KAMUIのソファー、
アームチェアーをセットし、エキゾチックなアジアを融合させました。
異次元の世界の中でゆっくりと素材の味を堪能していただきたいと思います。
とても贅沢なコーナーに致しました。

 

 

 

食材は北陸金沢近江町市場の送生産農家や漁港から直送された新鮮な素材。
それを七輪と鍋、そして美酒とともに楽しめる和+亜のネオダイニング。
金沢近江町市場には、多彩な風土と気候が育んだ様々な自然の恵みが
厳選された素材として毎日集まります。
その金沢近江町市場をここ東京に再現したのが、「金沢近江町市場 辰巳」です。

 

 
春。霊峰白山に連なる山々が、自然の息吹を感じさせ、
人々の心を躍らせる季節。
山々から平地に至る全ての生命を一斉に芽吹かせ、大自然の恵みが、
我々の心と舌を「ほっ」と和ませてくれます。

 

 

 

そこは外界から切り離された異空間。でもどこか懐かしい匂いのする雰囲気。
そんな安らぎを感じる空気が心を癒します。
懐かしいおばんざいと珍味、そして全国各地から厳選した地酒と焼酎。
心落ち着く世界がそこにはあります。