セレモニーホテル サイエン

 

セレモニーホテル サイエン

セレモニーホテル サイエン
 
 

 

元は日本郵政が郵政民営化を機にメルパルク株式会社へ委託された多目的ホール。
金沢では結婚式場をメインに運営をされていました。
9年前に施設が閉鎖されいましたが、石川県のセレモニー会社が3年前にこの物件を購入。
結婚式場からセレモニーホールにリノベーションした施工事例です。
地下1F~6Fのフロアーには様々な葬儀・法要のスタイルに対応可能なスペースや

ホテルに求められるあらゆる機能を完備した施設です。
フロアー面積が広いので、なるべく躯体を触らずにリノベーションを実施。
ポイントは、バリの天然素材で製作したインテリアで空間を変化させました。


外観は壁にはいっさい手を付けずに、看板と玄関入り口の両サイドに

照明を仕込ませて建物のイメージを変えました。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 

1F エントランス・ラウンジ

バリの竹を用いたモニュメントが立ち並ぶエントランス。
吹き抜け空間にはバナナの皮をすいて作られた 大きな照明がお客様をお迎えします。

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 

正面奥にはバリの砂岩石に彫刻を施したアートを埋め込み、
オーダーで製作した曲線のソファーを設置することで異空間の世界を構築。

 

 

 

 

 

 
 
 
 

 

ラウンジはダイノックシート貼りと格子パネルのみで雰囲気をガラリと変化させています。

 

 

 

 

 

 

 
 
 

14人がかりで設置した巨大な木の根っこのオブジェが入り、

雄大で落ち着きのあるラウンジ空間となりました。

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 

 

1Fエントランスから階段を昇ると幻想的な空間が現れます。

この式場は300人を収容する大ホールで、

ペンキで色を変え、スケルトンの椅子を配置しました。

 

 

 

 

 

 
 
 
 

 

バナナの紙で壁を覆い、照明を忍ばせれば
間接照明の「光壁」に早変わり。

 

 

 

 

 

 
 
 

 

バナナの紙はこのようにして制作しています。

 

 

 

 

 

 
 
 
 

 

通路の見事な陶壁は解体してしまうのが心苦しかったので

テキスタイルとスライスした竹のパーテションで目隠し。

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 

 

エレベーターホールにも古木のアートオブジェや
チェアを配置するなどして空間に息吹を注ぎます。

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

  

3F 家族葬リビングホール

 

「最後の家族旅行」をコンセプトにデザインしたリッチなスイートルーム。

ここでお通夜からお葬式までの2日間、

故人と遺族がゆっくりと過ごせるようにキッチンやプライベートルームも備え

我が家のようにくつろげる空間を演出しました。

 

この家族葬ルームができたことにより、

いろいろなスタイルの葬儀が執り行われるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
既存の窓のサイズが中途半端だったので
レーザーで切り抜いたエキゾチックな装飾を大胆に吊るし
アーティスティックなラウンジに。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
客室フロアの通路
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
客室
 
和室と洋室シングル・ツインルームがあります。
各部屋の家具は海外で制作した特注品で、
アジア諸国の島々で作られたオブジェやアートでお部屋を装飾。